アトピーが原因で湿疹が発生した新生児に必要な治療

アトピーの症状は、乳児の頃から見られる場合もあります。しかし、乳児は赤いブツブツが出来る皮膚病も多く、アトピーかどうかの判断が難しいでしょう。特に生後1,2か月頃の赤ちゃんは赤ちゃんニキビというブツブツが出やすい時期です。肌の乾燥も、乳児によくある減少です。

乳児がアトピーかどうか判断できる基準は、慢性的に痒みが続き、湿疹が強く、アレルギーが関係している場合が多い場合にいえるでしょう。乳児アトピーは、主に薬での治療を行います。ステロイド外用剤を使用する場合もありますし、非ステロイド系外用剤であるコンベックやベシカムが使われる事もあります。また、アレルギー検査を受け、食品アレルギーが発見される事もあるでしょう。

乳児の主なアトピーは、薬物治療の他に、環境設備とスキンケアが基本となっています。アトピーは肌が乾燥すると症状が悪化するので、出来るだけ肌の保湿を心掛けましょう。

また、ハウスダストや汚れ、湿度、食事等から乳児の皮膚を守るようにして下さい。アトピーは長期的な治療が必要ですが、日常生活を整えることで症状を極力抑えることができます。

    アトピー治療