葉酸とは?

葉酸とはあまり聞いた事もない方もいらっしゃるかもしれません。葉酸とは、緑黄色野菜や豆類などの多く含まれる成分です。葉酸はビタミンBの一種で貧血予防や神経系に効果があり、新しい細胞を作るのにとっても必要な栄養素です。

 

葉酸は水溶性ビタミンと言われていて水に溶けやすく熱に弱いという性質をもっています。煮る事により10あった成分も1にまで栄養が落ちます。

1日に必要な摂取量を食べようと思うと朝昼晩とお浸しにしたとしても必要な量は食べる事ができません。葉酸が不足すると貧血、口内炎、末梢神経系、脳卒中や認知症、鬱、白血病などの病気が発病しやすくまります。もっとも葉酸が必要とされる妊娠中(妊娠適齢期)の女性です。葉酸はお母さんとお腹にいる赤ちゃんの成長に必要とされる成分です。

厚生省の発表では葉酸を一日400μg摂取すると先天性神経管閉塞症、二分脊髄賞症などのリスクが低くなると言われています。葉酸は新しい細胞を作りだすのに必要な成分です。

1分1秒細胞分裂を繰り返す胎児には葉酸が不足すると先天性異常を持った赤ちゃんが生まれやすくなります。母子手帳にも一日400μgと記載されています。食事だけで葉酸を摂取するのは難しく葉酸が配合されているサプリメントで補うことも一つの方法です。

    葉酸サプリ