アトピー体質を改善するための食事療法

食生活でアトピーの症状を緩和することができます。アトピー改善に良い栄養を意識して取るようにしましょう。たとえば乳酸菌です。
乳酸菌は腸の働きを助ける作用がありますが、最近は抗アレルギー作用も注目を集めています。乳酸菌はヨーグルトが多く含んでいることで有名ですが、他にもキムチや味噌にたくさん配合されています。
お茶も、抗アレルギー作用があります。お茶にはいろいろありますが、茶はアレルギー反応の原因となるヒスタミンを抑えてくれるでしょう。

シジュウム茶、もしくはグァバ茶もアレルギーを抑えてくれます。カテキンは抗菌作用があるので、紅茶や緑茶もおすすめです。アトピー対策には、お肉よりも魚、魚よりも野菜がおすすめです。タンパク質を多く含んだ食品は、アトピーを悪化させてしまう可能性があります。タンパク質を取ってはいけないという訳ではありませんが、少し摂取を抑えてみると良いでしょう。
特にお肉の食べ過ぎは厳禁です。お肉を食べるときは、消化の良い食品と一緒に、よく噛んで食べるようにしましょう。たくさん噛めば少量でも満足できます。

アトピー原因