野菜の残留農薬の発がん確率や発がん性のリスク

野菜の栽培はとても手間がかかるもので、天候の影響を受けたり野菜にたかる虫をこまめに駆除する必要があります。
こうした手間を少しでも軽減するために、害虫駆除に農薬を使うことになります。
農薬を使って駆除がしやすくなった分より多くの野菜がつくれるようになるのですが、近年問題になっているのは食材の奥底に入り込んでいる残留農薬です。
栽培の時に散布された農薬は雨や日光などの働きで自然に減少していきますが、まれに収穫する時期にも残っていることがあります。残留農薬の入った食材を口にしてしまうと、ただちに体に影響が出ることはほとんどないのですが、農薬の種類によっては発がん性の成分が含まれていることもあり、長年残留農薬の食材を食べ続ける事で発がん確率が上がり、発がん性リスクを高める要因にもなりかねません。

健康を維持するために一番大切なことは、安全な食材を体に取り入れることです。
そのためには毎日の食卓に並ぶことになる食材選びから始めることが重要になります。こうした残留農薬の体への影響についての意識の変化に伴い、農薬を利用しない有機野菜を取り扱うショップが増えてきました。
野菜本来の味覚を楽しめるとしても人気があり、通販などで取り寄せる方もいます。自然農法で作った作物を利用したレストランなどもあり、消費者の間でも安全な野菜への関心が高くなっています。

無農薬野菜