口臭を軽減させるための正しい歯磨き法

口臭の原因は様々ですが、口内環境にある場合は正しい歯磨きを心掛けることで軽減させることが可能です。
どのようにすればいいのかというと、その前に一番にしておきたいのが歯ブラシの選定からです。
現在、歯ブラシは固めから柔らか目まで様々な硬さがあります。

汚れを取るので固めがいいと考えてしまいがちですが、固めは歯茎を傷つけてしまうこともありますので、出来るだけ柔らかいブラシがおすすめです。
また奥歯など磨きにくい部分も磨きやすいようにブラシのサイズは小さめが望ましいでしょう。
歯ブラシを選定したり、いよいよ歯磨きです。

ここで大事なことは磨き残しがないように奥歯から順番に磨いていくことです。
歯の磨き方は人によって癖があり、いつものように磨くとしっかり磨かれている部分と磨かれていない部分が出来てしまいやすいものです。それをなくすためにも順番に磨いたほうがいいのです。
磨き方で大切なことは、歯と歯茎に対して45度の角度で歯ブラシをあてて、歯肉と歯の間の汚れをこそぎ落とすように小刻みに動かすことです。

また歯ブラシによる歯磨きだけでは、歯と歯の間の汚れなどが取れないこともありますので、フロスや歯間ブラシ等で定期的に取り除くようにするのも口臭予防には必要です。

口臭予防