カテゴリー別アーカイブ: 不眠症

睡眠障害の症状の種類について症状の特徴

睡眠障害の症状の種類には、主に「環境要因」、「身体要因」、「心の要因」、「生活習慣要因」等があります。環境要因というのは、時差、枕が変わった、暑くて寝苦しい、騒音で眠れない、明るさで眠れないなどが影響している睡眠障害のことを言います。身体要因というのは、年齢、頻尿、痛み、かゆみなど身体の要因で起こる睡眠障害です。

心の要因は、悩み事、イライラ、緊張などの精神的ストレスや睡眠に対するこだわりなどから起こる睡眠障害です。生活習慣要因は、アルコール、タバコ、カフェインの摂取、薬の副作用、運動不足などがあります。睡眠障害のタイプには、ベッドや布団に入っても30分~1時間以上眠りにつけない「入眠困難」があります。 続きを読む 睡眠障害の症状の種類について症状の特徴

不眠症の際に処方される睡眠薬ハルシオンの特徴と副作用について

睡眠薬の中で有名なものに睡眠薬ハルシオンがあります。配合成分はトリアゾラムといいます。
日本でもっとも使用されている睡眠薬のため、多くの人が耳にしたことはあるのではないでしょうか。1983年に発売されたものですが、現在では使用される睡眠薬の約半分はこのハルシオンです。別名ではパッケージの色からギンハルなどと呼ばれたりもしています。

睡眠薬ハルシオンの特徴は効果の持続時間が短い長短期型の睡眠薬であるということです。
つまり、すばやく寝付くための薬であり、寝付いた後は薬の効果は切れるため、翌朝に効果が持ち越されることがありません。
続きを読む 不眠症の際に処方される睡眠薬ハルシオンの特徴と副作用について